フィリピンが親子留学に適している5つの理由

 

英語留学というとどこの国を思い浮かべますか?

少し前まではアメリカ、イギリスと言った英語圏が選択肢でしたが、フィリピンをはじめとした東南アジアへの留学も人気です。

私が特に親子留学先としてフィリピンをおすすめする理由をご説明します。

 

フィリピンが親子留学に向いている理由
  1. 日本から近い
  2. 子供に優しい
  3. プールやマリンアクティビティを楽しめる
  4. 平日3食付き・掃除洗濯サービス付き
  5. 物価が安い

これらの理由について詳しく説明していきます。

 

1. フィリピンは日本から近い

飛行機

直行便のあるセブやマニラまでは飛行機で4~5時間程度。

長時間のフライトはお子さんが飽きてしまったり親の負担も大きいのですが、この程度ならなんとかなりますよね。

 

時差も1時間(フィリピンが1時間遅い)だけなので、辛い時差ボケがないのも嬉しいです。

 

ただし、直行便で行けるセブではなくドゥマゲテなどの地方に行くときは、ここからさらに乗換が必要なのでちょっと難易度が上がります。

 

子連れの移動で大変な思いはしたくないですよね。

私は自分でも乗り換えがとても不安だったため、行き方や乗り換え方法などについて散々調べたので、かなり詳しくなりました(笑)。

 

今では負担ができるだけ軽くなる方法で移動できていますので、飛行機選びや乗り換え方法のコツなどについては別記事でお伝えしますね☆

 

2. フィリピンの国民性?みんな子供に優しい

出生率が高く子供が多いフィリピン。

フィリピンの国民性もあり、子供が大好きな人が多いです。

 

先生もとっても子供の扱いが上手で優しく、子供への接し方にはいつもとても驚かされます。

 

外出しても子供禁止の飲食店などもなく、日本と違って子供の行動にも寛大です。

それどころかお店や飲食店でも気軽に話しかけてきてくれたり、困っていると助けてくれたりします。

外出時に子連れという理由で気を遣ったり肩身の狭い思いをすることは一切ありませんでした。

 

ショッピングモールに行くとキッズプレイエリアがあり、そこで子供を遊ばせることができます。

大型モールにはトランポリンやボールプールなどの大型遊具もありますし、敷地内をミニ機関車が走っていたりします。

子供も大喜びでしたが、施設や遊具がたくさんありすぎて、滞在中にすべて利用することはできないほどでした。

汽車
モモシロ

子供を連れて出掛けるとき、精神的にとても楽です。

周囲がおおらかで、母親がリラックスしていると、子供も不思議と困るようなことをしないんですよね。

 

フィリピンのベビーシッターさんのクオリティも高いです。

親のレッスン中、小さい子はベビーシッターさん(ヤヤさんと言います)にお願いすることになりますが、しっかり見てくれるので安心して預けることができますよ。

(ただし、きちんと親子留学に対応している語学学校経由でお願いできるシッターさんであれば・・・)

 

おんぶ

フィリピンでは「Baby」という言葉をどうやら日本の感覚よりももっと大きな子にも使うようなんですね。

たとえばこの写真の娘は当時6歳でしたが、いろんな場面で「Baby」と言われました(病院でまだbabyだから小児科に行きなさいなど)。

 

日本だともう6歳だから歩きなさい!と言われそうですが、シッターさんは嫌な顔をせず抱っこやおんぶをしてくれました。

甘えたいときは甘えさせてくれる、子供が子供のままでいられる。

子どもにとっても安心して過ごせる国です

 

3. 休日はプールやマリンアクティビティを楽しめる

 

フィリピンは7000の島からできている国。

世界的に有名なボラカイやエルニドと言った美しいビーチがあります。

気候は一年中温暖で、雨季と乾季があるものの、1年中マリンアクティビティを楽しむことができます。

 

セブ島からも、日帰りで気軽に遊びに行ける島がたくさんあり、アイランドホッピングやシュノーケリングを楽しむことができますよ

平日はしっかり勉強して、週末は子供と楽しむ!

フィリピン親子留学ではこれが可能なんです♪

週末はぜひぜひお子さんと近隣ビーチや離島に足を伸ばしてみてください。

 

海だけではなく、リゾートホテルのデイユースなど、プール施設も充実しています!

 

モモシロ

セブですとシャングリラマクタンリゾートクリムゾンリゾートのプールがデイユースもできて人気です。

Jモールセンターにあるスカイウィーターパークもかなり魅力的?

 

留学期間の前後で、小旅行をするのもいいですね。

我が家は学校を卒業した後に、ホテルに滞在して数泊してから帰国しています。

 

4. 平日3食付き・掃除・洗濯サービス付き

語学学校の食事

子供が一緒だとどこにいてもやることはたくさんありますよね。

でも、せっかく英語の勉強をしに外国に来ているのだから、日本にいるときのように食事の準備や身の回りのことに追われてしまうのはもったいないです。

 

フィリピンの語学学校は、日本での母親業をお休みできるようなシステムになっています。

まず、食事は平日3食提供されるか、オプションでお願いできるところがほとんどです。

また、語学学校の費用にお洗濯や部屋の掃除代が含まれているところが多いです。

親子留学を受け入れている語学学校であれば、ベビーシッターを紹介・派遣してもらえます。

 

モモシロ
たまには自炊したいという場合は、コンドミニアム滞在型の学校や、キッチン付きや共有キッチンを利用できる学校もあります。

 

5. 物価が安い

フィリピンのスーパーで購入した野菜

フィリピンの都市部は物価が年々上昇しています。

それでも日本と比べるとまだ安く生活することができます。

 

たとえば、マッサージは日本の10分の1の料金で受けられますし、タクシーも日本より気軽に乗れる料金です。

息子を連れて行った床屋さんは50ペソ(約100円)でした。

セブにあるミシュランを獲得したレストランは日本では考えられないようなお手軽価格でした。

 

日本ではちょっと奮発しちゃおうかな、というようなご褒美サービスも、フィリピンでは気軽に受けられるんです。

 

ただし、都心部を中心に物価は年々上昇しているため、ものによっては思ったほど安くならない場合もあるので注意が必要です。

 

モモシロ
親子留学先としてフィリピンをおすすめする理由を5つ挙げましたが、やっぱり一番の理由は子供に優しい文化!

フィリピンに行くと日本でのワンオペってなんだったんだろうというくらい精神的に楽です。

 

治安について心配する方もいらっしぃます。

治安についてはこちらの記事を参照してください。

その他のフィリピン親子留学の基礎知識については、こちらをご覧ください。

【最初に読んでね】フィリピン親子留学で知らないと損する基本情報を解説

セブ島・フィリピン親子留学、マイルで子連れ旅行についてもっと知りたい?

友だち追加

LINEでブログ更新情報をお知らせします。親子留学の無料相談もこちらからどうぞ。